2012年6月よりmixi日記から移転いたしました。詳しくはプロフィールをご参照ください。
出資馬の成績[2.16]
0

    ・土曜東京5R 三歳未勝利(混) 芝1800m
    △テンペスタージ 56 浜中 9着(5番人気)
    ほぼ五分の発馬からやや仕掛け気味に中団の前目に付けます。
    人気のグレイテストが3F35.1秒5F58.9秒というペースで
    飛ばし馬群は縦長に。流れは緩むことなく位置を下げ直線で
    早めに追われましたが伸びずバテずで0.6秒差の9着で入線。
    かなりハイレベルなメンバーだと思いましたが1.46.5という
    勝ち時計は想像以上。6Rのマイル戦が1.35.6、9Rの10F
    が1.59.9ということから見ても未勝利では破格の時計です。
    鞍上も「もっとペースがスローならば」と言っていましたが
    トモに力がつききっていない現状だと厳しい競馬は苦しそう。
    もう少し長い距離でゆったり走らせてみるのもありかなと。

     

    ・土曜京都11R 京都牝馬S[G3] 4歳上OP(牝) 芝1400m
    ◎カイザーバル 54 四位 13着(8番人気)
    抜群のスタートを切りましたが何時ものように抑えて後方へ。
    しかし2F過ぎから掛かりだし無理には抑えず好位へと進出。
    テンは3F34.74F46.3秒と流れて完全に差し有利の展開に。
    直線入り口から追われるも既に無く1.3秒離された13着と大敗。
    人気馬総崩れで三連単153万という大波乱の結果に。大外枠を
    引いた時点で嫌な予感はありましたが今日は前に壁を作ること
    が全く出来ず早々と燃え尽きてしまいました。「パワー不足」
    を何人もの騎手から指摘されておりダートを使わなかった馬
    ですし力のかかる今の京都の馬場も合わなかったと思います。
    この結果で引退は確定でしょうが最終的にミリオンホースに
    なれましたし、よく頑張ってくれました。お疲れ様でした。

    JUGEMテーマ:競馬

    Posted by : Nagy | レースレヴュー | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    今週の出走予定出資馬[2.16-17]
    0

      ・土曜東京5R 三歳未勝利(混) 芝1800m
      △テンペスタージ 56 浜中
      4着に終わった前走後にソエが出て放牧へ。幸い程度は軽く年末には
      乗り込みを開始し約3ヶ月振りの出走を迎えることになりました。休
      みはしたものの中間の長めは4本とまずまず乗れていますし前走は芝
      だった最終追い切りも今回はウッドと負荷は十分かけられています。
      叩き2走目のここは上積みを期待してもいいでしょう。ただここはフ
      ルゲートに加え4戦連続2着のグレイテスト筆頭に前走2着馬が3頭
      3着馬も2頭とかなりメンバーが揃いました。当初騎乗予定だった武
      藤君から浜中への変更はプラスでしょうが勝ち負けまでは厳しいか。

       

      ・土曜京都11R 京都牝馬S[G3] 4歳上OP(牝) 芝1400m
      ◎カイザーバル 54 四位
      消化不良に終わったターコイズS後はここを目標に一旦放牧へ。調整
      は順調に進み予定通りレースに臨みます。前走の再戦ムードが濃厚な
      メンバー構成になりましたが前走も着順ほどは負けていませんし何よ
      り京都芝1400mは1000万・準オープンを連勝した最も得意とする舞台。
      渡月橋Sの内容はオープンでも十分通用する内容ですしガラリ一変が
      あっても不思議はありません。引退レースとなる可能性が高そうです
      が勝てれば高松宮記念出走の目も出てくるかも。狙いすました一戦で
      すし馬券でも中心視します。

       

      ・日曜東京7R 4歳上500万下(混) 芝2400m
      〇アルビオリクス 56 M・デムーロ
      クラス2戦目となった前走も3着と勝ち切れず。とはいえ連続して好
      走出来た点は評価できます。ここまでの競馬を見る限り距離はあった
      方が良さそうで中3週で最も得意とする左回り芝2400mのここを狙っ
      てきました。これまで3着を外したのは2回のみ。共に休み明けで詰
      めて使った場合は確実に好走しています。調教は動かない馬ですが最
      終追い切りでは遅れはしたものの準オープンの馬と併せて上々の動き。
      カヴァル、タンタフエルサ、ジョブックコメンの3頭が相手になりそ
      うですがミルコを乗せてきたここは勝ち負け必至でしょう。

       

      ・日曜東京10R アメジストS 4歳上1600万下(混) 芝2000m
      △スモークフリー 54 岩田
      約1年振りの出走となった前走後は幸い反動も無く無事中3週での出
      走へ。既に7歳ですが馬はまだフレッシュで大きな衰えは感じられま
      せん。この中間は最終追い切り含め師自らが3度も騎乗するなど戸田
      師もまだこの馬の能力を信じている事が伺えます。休養期間が長かっ
      ただけに 叩かれた効果は大きそうですし 今回はデビュー戦を勝利し
      この馬の能力をよく分っている岩田Jが約3年ぶりに騎乗する点も楽
      しみ。頭数は手頃なところに収まりましたし昇級初戦馬3頭が人気に
      なるメンバー構成なら軽ハンデを味方に上位進出の可能性もあり。

      JUGEMテーマ:競馬

      Posted by : Nagy | レースプレヴュー | 19:45 | comments(2) | trackbacks(0) | -
      出資馬の成績[2.10]
      0

        ・日曜京都11R 京都記念[G2] 4歳上OP(国際) 芝2200m
        …ハートレー 56 川田 11着(8番人気)
        まずまずの発馬から出たなりの手応えで中団のやや後方から。
        前半の5Fが63.3秒とかなり遅い流れを折合い重視で追走へ。
        一気にペースが上がった3角手前から最内を突いて追い上げ
        直線で追われての伸びは全く見られず1.3秒差の11着大敗に。
        厳しい戦いになることは覚悟していましたがここまで負ける
        のは想定外。道中の手応えは上々でしたし走る気が無かった
        としか思えません。札幌の丹頂S程ではありませんが京都の
        今の芝もかなり重く力のいる馬場でこういった馬場を極端に
        嫌がる馬なのかもしれません。結果論にはなりますが府中の
        アメジストSを使った方が良かったですね。減り続けていた
        馬体がようやく戻ってきたのは良い傾向ですし続戦を希望。

        JUGEMテーマ:競馬

        Posted by : Nagy | レースレヴュー | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        今週の出走予定出資馬[2.9-10]
        0

          ・日曜京都11R 京都記念[G2] 4歳上OP(国際) 芝2200m
          …ハートレー 56 川田
          コンマ2秒差と健闘した前走から中7週での出走へと漕ぎ着けまし
          た。2ヶ月以内の間隔で出走出来るのは実に約2年振り。重賞出走
          もその共同通信杯以来ということになります。5月のメトロポリタ
          ンSではここでも上位人気になるであろうノーブルマーズと頭差の
          勝負をしていますし距離は守備範囲内でしょうが初の長距離輸送に
          関しては全くの未知数。少頭数ながらマカヒキ、パフォーマプロミ
          ス、ステイフーリッシュと相手もかなり揃いました。近走では最も
          良い状態で臨めるとは思いますが上位争いまでは厳しいでしょう。

          JUGEMテーマ:競馬

          Posted by : Nagy | レースプレヴュー | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          今週の出走予定共有馬[2.2-3]
          0

            ・土曜京都2R 3歳未勝利 ダ1800m
            △グランドバレエ 56 鮫島駿
            11着に終わった新馬戦から中1週で再度同条件を使ってきました。
            仕上げ途上だった前走はいかにも叩き台といった内容でしたし詰め
            て使ってきたのは予想通り。実質的にはここがデビュー戦といって
            もいいでしょう。中間の調整は軽めのみなので叩かれての上積みが
            との位あるかはわかりませんが中1週で使える事自体が体調の良い
            証拠ですし過去に掲示板歴のある馬が5頭のみとメンバーにも恵ま
            れました。ガラリ一変で勝ち負けまでを望むのは望みすぎですが掲
            示板程度は期待しても罰は当たらないか。

             

            尚、今週末は沖縄に行くためレヴューはお休みさせていただきます。

            JUGEMテーマ:競馬

             

            Posted by : Nagy | レースプレヴュー | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            出資馬の成績[1.20]
            0

              ・日曜中京10R 金山特別 4歳上500万下 芝2200m
              注バイマイサイド 56 荻野極 3着(5番人気)
              懸念されていたスタートですが今日は上手く出て好位置に。
              テンの3Fは35.8秒と予想外に早くなりましたが3番手へ。
              終始位置をキープし4角からは外を回し直線で追われると
              伸びは見せたものの突き抜ける勢いは無く0.4秒差3着まで。
              ラスト7Fからゴールまで上昇し続ける先行馬にとっては
              かなり厳しいラップになりましたが良く持ちこたえました。
              1つ前の平場2000mよりもテンが1秒早く全体時計も優秀。
              直線では狭い所を割って伸びてくる根性も見られましたし
              理想的なレース運びが出来たと思います。序盤でもう少し
              楽が出来れば勝ち負けまであったかもしれませんが今回は
              休み明けですし復帰初戦としては文句ありません。馬体が
              予想外に減っていたので反動が無いかは気になる所ですが
              多少間隔を開けてでも続戦できるなら次走は楽しみです。

              JUGEMテーマ:競馬

              Posted by : Nagy | レースレヴュー | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              出資馬・共有馬の成績[1.19]
              0

                ・土曜京都2R 3歳新馬(混) ダ1800m
                △グランドバレエ 56 四位 11着(9番人気)
                スタートが今一つで無理はせずに中団後方からの待機策へ。
                テンこそ流れたものの中盤は大きく緩みペースは上がらず。
                3角過ぎから大外を捲り気味に押し上げて直線へ向かうも
                追われてからはジリジリとしか伸びず1.8秒差11着で入線。
                いかにも試走といったレースをしましたが道中のリズムは
                悪くありませんでした。掛かるような所は全く無く気性は
                良さそうですが前向きさには欠けてますね。見切り発車の
                出走でしたし、追われて味が無いのは調教からも予想通り。
                京都のダートは開催が進むにつれ時計がかかる傾向ですが
                勝ち時計は1Rの未勝利を約1秒上回っており優秀な部類
                ですし使われれば良くなってきそうな雰囲気はありました。

                 

                ・土曜中山7R 4歳上500万下(混) 芝2200m
                ▲アルビオリクス 56 石橋 3着(3番人気)
                発馬で1歩目が出ず行き脚がつかずに後方に置かれる形に。
                3F36.45F49.2秒というスローな流れを後ろから2頭目
                で追走します。向う正面から早目に大外を進出し3角では
                先頭集団に並びかけ長く脚を使いますが0.4秒差3着まで。
                かなり強引なレースをしましたが本馬以外の上位好走馬は
                全て後方から早い上りを使って追い込んだ馬で結果的には
                もっとじっくり乗った方が良かった気がします。それでも
                乱ペースの中で唯一上位人気馬で好走したのもまた事実で
                地力の高さを改めて示した内容ともいえます。スタミナの
                裏付けはあるので叩かれた次走が府中2400mならば期待大。


                ・土曜中山11R 初富士S 4歳上1600万下(混) 芝1800m
                …スモークフリー 57 大野 13着(13番人気)
                発馬はまずまず出ましたがこれまで通り抑えて後方から。
                7F目まで11秒台が一つも無い遅い流れを11番手で追走。
                ペースが上がった4角から外目を進出し直線で追われると
                良い伸びを見せるも残り1Fの所で挟まれ最後方に後退。
                立て直し後は前と同じ脚色となり1秒差13着での入線に。
                溜めて終いを生かすのがベストの馬ですので、展開に左右
                されるのはある程度仕方ありませんがエンジンのかかりが
                遅いので残り1Fでの不利は致命的でした。勝ち負けまで
                とはいいませんがあれが無ければもう少しやれたはずです。
                それでも着差は1秒ですし、2秒近く負けていた休養前に
                比べればレース内容は良くなっています。1年振りだった
                事も考えればまずまずかと。既に7歳ですし大きな上積み
                は期待できませんが順調に使えればまだやれそうです。

                JUGEMテーマ:競馬

                Posted by : Nagy | レースレヴュー | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                今週の出走予定出資馬・共有馬[1.19-20]
                0

                  ・土曜京都2R 3歳新馬(混) ダ1800m
                  △グランドバレエ 56 四位
                  2019年最初の出走はオーナーズ共有馬のデビュー戦に。5月に飛節
                  を痛め北海道胆振東部地震の影響も有り調整がやや遅れ気味でした
                  が何とかこの時期のデビューまで漕ぎつけました。どちらかといえ
                  ば芝向きのノヴェリスト産駒ですが本馬はニキーヤ母系ですしダー
                  トも睨んでの共有でしたのでダートデビューは想定内。除外も計算
                  しての投票でまだ1〜2本追い足りない感は正直ありますが先週先
                  々週と週末の本追い切りでは52秒台が続けて出ており一応は走れる
                  態勢にはありそうです。冬場走らないノヴェリストですが先週は初
                  重賞勝ちも含む4勝とここに来て急に産駒が走り出しているのも追
                  い風でしょう。初戦からという馬ではありませんのでまずは次に繋
                  がる競馬を期待。

                   

                  ・土曜中山7R 4歳上500万下(混) 芝2200m
                  ▲アルビオリクス 56 石橋
                  3着に終わった前走後は一旦短期放牧でリセット。約2ヶ月振りに
                  クラス2戦目を迎える事になりました。その前走で半馬身差だった
                  2着のナムラマルは既にクラスを勝ち上がっておりレースレベルも
                  決して低くは無く格上げ初戦としては上々の結果。中山の2200mは
                  過去一走して2着という成績ですが勝ち馬には完敗。右回りだとや
                  やモタれる部分がありますし本質的には直線の長いコースの方が向
                  いています。メンバー的には互角以上にやれる組み合わせですが調
                  教の動きにもまだ重さが感じられますし叩いての府中が勝負所か。

                   

                  ・土曜中山11R 初富士S 4歳上1600万下(混) 芝1800m
                  …スモークフリー 57 大野
                  昨年2月の府中戦を大敗した後に笹針等を施して完全休養へ。6月
                  の阪神を復帰戦に定めましたが道悪を嫌い回避。福島に矛先を変え
                  ましたが追い切り後に夏負けの症状が見られ北海道へ逆戻り。その
                  後も良化はスローで特に怪我も無いのに約1年振りの出走となって
                  しまいました。ただここまで待った甲斐あってか調教の動きはデビ
                  ュー以来最高といえる位に素晴らしく7歳という年齢からくる衰え
                  は全く感じられません。大型馬ですし流石に1年休んだ初戦からは
                  厳しいでしょうが休み前よりは良い競馬が出来るのでは。

                   

                  ・日曜中京10R 金山特別 4歳上500万下 芝2200m
                  注バイマイサイド 56 荻野極
                  出負けして6着に終わった前走後は一旦吉澤SWへ戻しじっくりと
                  立て直しへ。約3ヶ月と長めの間隔を開けての格上げ2戦目に臨み
                  ます。前走も6着とはいえ勝ち馬との差は僅かコンマ3秒ですしク
                  ラスでの目途は立った内容でした。以前は硬くなるようなところが
                  ありましたが今はそういった部分も見せませんしスローながらも成
                  長曲線には乗って来た印象があります。芝の長距離は条件的に最も
                  合っていますし継続騎乗となった荻野君のモチベーションも高いで
                  しょう。従場ながらも特別戦ということで頭数・メンバー共に揃い
                  ましたが互角以上にやれても不思議はありません。

                  JUGEMテーマ:競馬

                  Posted by : Nagy | レースプレヴュー | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  「Flat10」2019
                  0

                    遅ればせながらあけましておめでとうございます。
                    本年もお付き合いの程よろしくお願いいたします。
                    今年もこのトピからスタートします。

                     

                    昨年は6位でフィニッシュ。3位とは35ポイント差ですが
                    上位に進出することは一度も無く区間賞も一度も取れずと
                    近年ではもっとも冴えない成績でした。3歳牝馬は混戦と
                    読みラッキーライラックを外すところまでは正解でしたが
                    最終的にアーモンドアイとの2択でテトラドラクマの方を
                    選択してしまったのが痛恨過ぎるミス。アーモンドアイは
                    他に指名者がいませんでしたし指名していれば楽々トップ
                    だっただけに非常に悔やまれる一年となってしまいました。
                    今年の指名馬は以下の通り。()は指定レース[]は指名者数。

                     

                    ●3歳馬
                    ヴァイトブリック(ユニコーンS)[2]
                    サートゥルナーリア(皐月賞)[15]
                    ダノンキングリー(NHKマイルC)[2]
                    ダノンファンタジー(チューリップ賞)[8]
                    ブレイキングドーン※ワイド馬(ダービー)[2]
                    牡馬は予想通りサートゥルナーリアが1頭抜けた人気に。
                    以下アドマイヤマーズ[8]クラージュゲリエ[6]と続いて
                    それ以外の馬は全て指名者3名以下という大混戦模様に。
                    ブレイキングドーンとダノンキングリー2頭で単独指名
                    を狙いましたが指名者有りで不発。ブレイキングドーン
                    はホープフルSで5着と今一の成績に終わり前途多難か。
                    牝馬はダノンファンタジー、グランアレグリア[8]クロノ
                    ジェネシス[6]が三つ巴の人気でシェーングランツ[4]が
                    続きます。ラヴズオンリーユー[2]はもっと人気になるか
                    と思いましたがこの2名は美味しいかも。ダート路線は
                    狙わなかった人も多くデルマルーヴル[5]が目立つ程度。
                    これは多分単独になるだろうと狙ったヴァイトブリック
                    も他に指名者がいて3歳の単独指名は無しとなりました。

                     

                    ●古馬
                    アーモンドアイ(ドバイターフ)[17]
                    エアウィンザー(金鯱賞)[2]
                    ブラストワンピース(有馬記念)[5]
                    ルヴァンスレーヴ(チャンピオンズC)[8]
                    レイデオロ※ワイド馬(天皇賞秋)[7]
                    牝馬は当然のごとくアーモンドアイが断トツの人気に。
                    牡馬の方は人気が割れに割れて何とステルヴィオ[8]が
                    ルヴァンスレーヴと並び指名者数トップに。マイル路線
                    はパスする人も多いのでこれはかなり意外でした。以下
                    レイデオロ[7]、エタリオウ[6]フィエールマン[6]更に
                    ダート短距離のコパノキッキング[6]が横並びの人気に。
                    穴人気になるかと思われたインティ[4]はあまり伸びず。
                    古馬は無難に固めて3歳馬で穴を狙うというスタイル
                    なので単独指名馬がいないのは仕方無し。ブラストワン
                    ピースは牡馬指名者数トップまで覚悟しての指名ですし
                    エアウィンザーも4〜5人はいると考えていましたので
                    全体的に満足のいく指名になりました。エアウィンザー
                    が変に高望みせずサマー2000路線を歩んでくれるかと
                    ルヴァンスレーヴが早めに復帰できるかが焦点でしょう。

                     

                    参加者の皆様、今年も一年間よろしくお願いいたします。

                    Posted by : Nagy | 競馬 | 15:33 | comments(2) | trackbacks(0) | -
                    ベストアルバム2018
                    0

                      今年も大晦日は恒例こちらのトピックで締め。
                      例年通りアーティスト名アルファベット順。

                       

                      ・EXITENTIALST A XIE XIE/THE BEATNIKS
                      ・American Utopia/David Byrne
                      ・超冗談だから/近田春夫
                      ・The Prodigal Son/Ry Cooder
                      ・Lamp Lit Prose/Dirty Projectors
                      ・ソングライン/くるり
                      ・Digital Native/中田ヤスタカ
                      ・Medicaid Fraud Dogg/Parliament
                      ・Beerbongs Bentleys/Post Malone
                      ・THE ASHTRAY/Suchmos

                       

                      近年は女性物を選ぶことが多かったのですが今年は
                      水カンもPerfumeもきゃりーも選外でオール男性に。
                      海外は14年振りのDavid Byrne、国内は38年振りの
                      近田春夫が双璧。Byrneは66歳、近田は67歳ですが
                      この年齢になっても精力的に創作活動を続けている
                      人達がいることは生きていく上での励みになります。
                      ベストチューンも近田春夫の「超冗談だから」で。
                      映像はストーンズの「ヴードゥー・ラウンジ・アン
                      カット」一択。25年前、北米ツアーを見に行く前に
                      オーディエンスのブートレグをビデオデッキで再生
                      していた身としては伝説のマイアミ公演をこれだけ
                      の高音質高画質で見れるのはまさに夢のようでした。

                       

                      本年もお付き合いの程誠にありがとうございました。
                      年明けも元日より平常営業の予定となっております。
                      それでは皆様、良いお年をお迎えください!

                      Posted by : Nagy | ミュージック | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP